« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

隅田川の花火とスカイツリー

ご招待でマンションの28階から隅田川の花火見物

とっても贅沢な花火。

スカイツリーも目の前です。

Photo_4

アサヒビール本社の右側のマンションへ向ってます。

人混みでなかなか前に進めません。

6時には交通規制で大回りしないと

たどり着けないと言うので

4時ですが、もうこの人波!!

Photo_5

電車から見えるスカイツリーの工事現場。

Photo_6

下にもこんなクレーンがあったんですね~。

Photo_7

左と中央奥の長い柱の上にクレーンがありました。

画面左にスカイツリー(見えないけどね)

そのスカイツリーを目の前に見上げる場所から28階へ。

Photo_8

あまりに近すぎて全体像は見えない。

案外、遠目に景色の中に見るスカイツリーがいいかも。。。

我が家からの眺めもなかなかいいなぁ・・・なんて思っちゃった。

Photo_9

目の高さで見る花火は初めて。

ベランダから飲み物片手に見るなんて

とっても贅沢です。

迫力満点。

とても楽しい時間でした。



| | トラックバック (0)

清水白桃

梅田さんちの清水白桃が届きました。

箱を開けると、部屋中に

甘い香りが広がります。

う~んo(*^▽^*)o良い香り。

Photo

自宅用なので白いキャップだけですが、

季節のご挨拶にお送りした桃は

大切にに個別包装されてます。

この猛暑を瑞々しい白桃で乗り切ってくださいね。

Photo_2

右は特選白桃

とっても大きいんです。

Photo_3

優に10センチはあります。

一度食べたら病みつき!

この時期だけの夏の香りと味覚。

| | トラックバック (0)

2010年7月29日 (木)

一人ランチ・・・上野 厳選洋食さくらい

今日の東京は雨です。

猛暑の合間の雨は有りがたい。

外出にはこの位が丁度いい(o^-^o)

でも、自称晴れ女の私。

地下鉄から降りて外を歩く時には

傘が無くても平気な小雨。

ビジネスランチでもお友達とランチでもなく

今日はひとりランチを楽しもうかなって気分になり、

上野「さくらい」でオムライスのランチセット・ハーフ。

Photo_3


マスタードが効いたドレッシングが美味しいサラダ。

ポタージュスープは程良く冷えてほっとする味。


カスタムビル7階。

中央には8階への階段。

右手奥にはオープンキッチンがあります。

落ち着いた雰囲気で、ゆったりしています。

オープンキッチン前のカウンター席は

女性、男性の一人ランチが数人。

Photo_4

ハーフサイズもあるので、女性には人気です(多分)

ふわとろ卵ではないけど、

薄く綺麗に焦がさず焼くのは難しそう。

ちょっと硬めのライスはマッシュルームの味と

トマトソースのコクと酸味のさっぱりさが

バランスがよくて

昔ながらの上質オムライスって感じがします。



食後のコーヒーをいただきながら窓の外を見ると

横なぶりの激しい雨が降っています。


空いていた席もいつの間にか埋まっています。


最初に入って来たのは老夫婦。

「柔らかいものがいいねぇ」

「そうですねぇ。何がいいかしらね」

そんな会話が耳に入る。


何となく いいなぁ。。。



その隣の席には若い男女4人。

携帯を片手に俯いたまま時折頷く男性。

会話になっているのかいないのか・・・


年代の違いを目の当たりにするのも

微笑ましい感じがする。


さっきまで2つ隣の席に居た若いカップルは

いつの間にか居ない。

外は傘に当たる雨音が聞こえそうなほど激しく降っている。

いつの頃からか・・・

マイペースで落ち着いて

一人ランチを楽しめる私が居る。


大人になったってことかなぁ。。。

それとも?

神経が太くなったのかなぁ(笑)


ゆっくりとコーヒーを飲み終えて

エレベーターで1階から外に出ると

雨は上がってた。


私、やっぱり晴れ女(◎´∀`)ノかも!!!?

















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月28日 (水)

両極に行くのだろうか…葵寿司

両極に行くのだろうか…
老舗の寿司屋にて…

開業して40年の寿司屋の大将曰わく

『回転寿司が出来てから、様変わりしましたねぇ。

これからは、高級か安いかのどちらかになるんでしょうね。

中間では生き残って行けない時代になるでしょうねぇ』

確かに。

『本物』と言う表現はとても難しいけれど、

本物を知らない世代が、人が増えていることも確か。

けれど、

曖昧さも大事

車のブレーキに《遊び》が必要なように…

Photo_2

常時、季節、季節の旬のネタを仕入れることを大切にして来た。

季節感が失われて行く今だからこそ

季節感をネタに感じて欲しい。

そう語る大将には、

自分の中の本物を信じる信念が有り、

とてもカッコイイ!

そして、傍らには

包み込むような微笑みの奥様が居た。

Photo

歴史の陰に女あり!!

カッコイイ大将の側には

支え続けてきた女性が居る。

何だか素敵なご夫婦に出会って

時代がどんなに変わっても

いつの時代にも、「確かなもの」と「曖昧さ」の

両方が存在してきたのかもしれないと思った1日でした。

| | トラックバック (0)

マンダリンオリエンタルホテル東京37階オリエンタルラウンジ

夕方まだ西日が強い時間から陽が沈むまで

マンダリンオリエンタルホテル東京の37階で

暮れてゆく夏の日を

友人と二人で紅茶を頂きながら

チョッと優雅なひと時を過ごしました。

Photo

視界が開けているので都心のビル群の向こうに

広がる空はとても広く感じられます。

Photo_2

暗くなるにつれて夕焼けも名残惜しそう。。。

Photo_3

刻々と変化する景色を眺めていると

時間がゆったりと流れて・・・

とても、とても贅沢な時間を過ごしている実感があります。

Photo_4

37階のお手洗いからは東京スカイツリーが見えるんですよ。

写真はガラス越しでおまけにピンボケですが、

実際はもっと近くにハッキリと見えます。



秋から冬にかけての夕焼け空も

とても美しくて時間の経つのを忘れて見入ってしまいます。


37階のオリエンタルラウンジは

とても居心地のいいお奨めスポットです。

スタッフの女性も美しい方ばかりで

Photo_5

紅茶のティーバッグもチョコレートも

先端に木の丸い球が付いたキュートなシュガーも

西日を遮るブラインドを上げてから灯るキャンドルも

ゆったりと落ち着いた雰囲気を演出してくれます。


女性同士で大人の会話?を楽しむのも

時にはいいものです(笑)












| | トラックバック (0)

2010年7月27日 (火)

心にも「エコポイント」

私は直感というものを信じている。

頭であれこれ考えても答えが出ないことはいっぱいある。

迷えば迷うほど迷路に入り込む。

どっちがいいんだろう・・・

決められない時には決めない。

それに限る。

P6050222

物事にはタイミングというものがある。

上手く事が進む時というのは、何事もスムーズに行くものだ。

あちこち迷い込む時というのは、

まだそのタイミングではないのだ

と、思うことにしている。

何かがまだ足りないのだ。

ただ、

「答えを見つけたいという想い」

だけは手放してはダメなのだと思う。

期が満ちる時が必ずやってくる。

心にも体にもエネルギーが満ちるタイミングがあるはずだ。

「頑張る」という言葉は

やりたくないけど、でも、

やらなきゃいけないコトをするときに使う言葉だ。

自分の好きなことをする時に

間違っても「頑張ろう!」なんて言わない。

でも、好きな事だけやってられる程人生は甘くない。

とは言え、

「頑張らざるを得ない時」はどうしたって有るのだから

何かが見えてくるまで、

エネルギーを貯めておいてもいいよね。

頑張るエネルギーは「いざという時」まで

使わないで貯めておくのも

チョットした

「心のエコ」なのかも? (σ・∀・)σゲッツ

| | トラックバック (0)

鰻食べました~

鰻に「山わさび」とくれば

アッサリ食べるにはコレっきゃないでしょ(笑)

食べる直前に、

鰹だしで薄味に仕上げただし汁をかけて

お茶漬け風です。

山わさびの辛さが食欲を刺激します。

脂の乗った鰻もアッサリ。

ご飯はお茶碗に半分以下のチョッとです。

でも、スープをかけるのでお米が膨らんで来て

ゆっくり食べてるとなかなか減りません(゚0゚)

Photo

夏野菜の茗荷や青しそ、カイワレ、

トマト、キュウリ、三つ葉、等々

たっぷりの野菜サラダ

Photo_2

ピーマンは焼いて甘味を出したら

美味しいお醤油をかけるだけ。

シンプルだから、お醤油が美味しくないと

ピーマンの味も香りも引き立ちません。

足し算ではなく、引き算のお料理(笑)

Photo_3

でも、

足し算もいいものです。

茹でたブロッコリーに

海鮮食べるラー油とマヨと醬油を混ぜて

ソースを作り、パルミジャーノチーズをかけて

オーブントースターで焼くだけの

これまた、簡単メニューです。

Photo_4

ピり辛でコクがあって、美味しいですよ。

ビミョ~にカロリー高そうだけど(苦笑)

Sa3d0004

忘れずにラタトゥイユも食べ切りました(o^-^o)



ミニトマトは母から届いた自家菜園のもの。

たっぷり太陽を浴びて育った味がします。

「想い」が込められたものは

どんなものも特別なのです。

本当に、ほんとうに、美味しかったです。


調理時間トータル30分弱の

簡単お手軽メニューでした~(*^ー゚)bグッジョブ!!





| | トラックバック (0)

2010年7月26日 (月)

土用の丑の日=鰻にラタトゥイユ?

暑い日が続くと、鰻でも食べようかな。。。と

思ってしまうのは私だけではないよね、きっと(^-^;


土用の丑の日は今年はいつなんだろう・・・


あっ!今日だったんだ(;´▽`A``



私にしては珍しくウィキペディアで

土用の丑の日に鰻を食べる由来を調べてみた。


なるほど~

随分と続いてる習慣なんだぁ。。。


気になる方は調べて下さい(笑)




買ってきました真空パックの鰻。

Photo_2

夏痩せなんて縁が無いけど、、、

鰻を食べるとこの猛暑も

乗り切れそうな気がしてくるから不思議です。

Photo_3

東京は曇の多い一日でした。

さっき、チョッとだけ雨が降りました。


33度では暑いことに変わりはないけど、

ちょっと ほっとします。

Sa3d0004

夏野菜のラタトゥイユ

先日たっぷり作りすぎてしまった ┐(´-`)┌

今日は食べきらなきゃ!

と、なると・・・

鰻・・・どうやったら合うんだろう。。。

やたらと闘志満々(笑)


アレンジ大好き!

なんだかワクワクしてくるヽ(´▽`)/


北海道で買ってきた「やまわさび」に、

北海道限定の食べるラー油

Photo_4

これは、まだ未開封でした。


作り始めてみないと判らないけど

今夜のメニューは

ちょっと、面白そう ( ̄ー ̄)ニヤリ































| | トラックバック (0)

2010年7月25日 (日)

久々に寝て曜日しちゃった!日曜日

遅めの朝食が済んで、チョッとだけソファで休憩

・・・のつもりだった(笑)

いつの間にか眠ったみたい。

思い出せないけど、

訳のわからない夢を見続けてた。

時々、目が覚めるのだけど、

体が起きたくないよ~と言うので(仕方なく?)

夢から覚めては、又、目を閉じる。

でも、さすがに暑くて

ふらふらと起き上がっては水分補給。


寝てるだけなのに

お腹は空くんですねぇ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~


戴きもののお菓子を食べたら

また、眠くなって。。。

結局、昼まで寝てしまった。

Photo

ものすご~く眠った気がしたけど、2時間ちょっと。

目が覚めた時、夕方かも!!!と焦っちゃった。

でも、空はこんなに青くて

暑いけど、気持ちいい。


よーし!行動開始だぁヽ(´▽`)/







| | トラックバック (0)

2010年7月24日 (土)

穏やかな笑顔が素敵な女性

笑っている顔はみんな素敵です。

でも、その笑顔の中に

優しさとか穏やかさとかが溢れている

そういう笑顔の人と過ごす時間は

とてもしあわせで心地良い時間です。


今日も、そういう女性と出会えました。

初めて会ったのに、ず~っと前から知ってたような・・・

ゆったりと 穏やかに時間が流れて行く。

Sa3d0016

気負うことなく 自然に

同じ時間と空間を共有できることは

本当に幸せなことです。



過去のどの出会いが欠けても

出会うことが出来なかった「出会い」

出会うべくして出会う人と人。


「人」という字は

人が立っている姿から出来たのだと

つい、先日知りました。

それまで、「人」という字は、

人は一人では生きられない。。。

互いに支え合っている姿から出来た字だと思っていました。

Photo

上を向いてスクッと立っている薔薇

開きかけた蕾の初々しさと力強さ

エネルギーが満ちていて

「立ってる!」って感じがしませんか?




自ら立ち、人生を歩んでいるから

人は「人」なのかも知れない。

そう思うと、

「人」という字の持つ意味は

とても深い感じがします。









| | トラックバック (0)

2010年7月23日 (金)

北海道富良野メロン・・・比較の仕方

先週母や妹に送ったメロンが届いたそうです。

とてつもなく大きいらしい。

写メ送ってと言ったら最初に来たのがコレ。

100722_20540001

大きさ・・・わかるようでわからないよ~


「何かもっと他の写真お願い」 と言ったら


来ました!!

「これでどうだ~」だって(笑)

100722_21100001

パピヨンの「ミント君」と比べるとは!!!

さすが、我が妹 (・∀・)イイ!

小さなものと並んでるよりも

メロンの大きさが実感できます。


何と比較するかって

とっても大事なことですね~。









| | トラックバック (0)

2010年7月22日 (木)

オーケストラ・ナデージダ第4回演奏会

知人の指揮者 渡辺 新 さんが

9月4日(土)18:30開演で狛江エコルマホールにて

オーボエのユーリー・イリンさん

ピアノの丹 千尋さんを迎えて

「ロシア・北欧の協奏曲&交響曲」を指揮します。


オーケストラ・ナデージダWABサイト

http://www.ac.auone-net.jp/~nadezhda/

詳しくは上記ホームページをご覧くださいね。

Pap_0014

Photo

前回の演奏会には行けなかったので

9月4日は伺いますね~。



友達(カットの達人美容師)と久々に

「梅の花」で湯葉をいただきました。

お喋りに夢中で

せっかくの引き上げ湯葉の写真も

写せなかった(ノ∀`) アチャー

唯一思い出して写したのが

デザートの「ふまんじゅう」

Pap_0007

中は抹茶味でした。

ブログ初心者だなぁ・・・と言われちゃった(笑)

それだけ楽しかったってことです。

湯葉三昧したので、

しばらくは湯葉お休みしてもいいかな(笑)

| | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

風も時も動いてる

当然と言えば当然なのだけれど、

さっきまで、視界いっぱいを占領してた雲が

何処を見ても居ない。

Photo_4

もや~っとした水色の空に

ポツリと小さな雲。

霧か煙のような薄い雲の中に

小さな濃い白い雲の姿が

なんとも愛らしい。


動いていないように見えていたのに・・・

  時も

  風も

流れていたんだ。。。


刻々と姿を変えて行く雲を眺めて居る時には

それを当たり前に眺めていた。


一瞬だけを見ては

一部だけを見ては

ダメなんですよねぇ。。。


じっと立ち止っていても変わらないし、

動かなければ何も始まらない。

それもわかってる。


一歩離れて、全体の流れを見るだけの、

じっくり待つ余裕も必要なのだと思う。

それもわかってる。


必要なのは バランス!





うぅ~・・・迷える子羊状態だ┐(´-`)┌ わ・た・し

あの雲は迷子じゃないよね?














| | トラックバック (0)

上を向いて空を見て深呼吸しよう・・・かな?

連日の暑さに思考がフリーズ(笑)

今見ると、6月半ばの空は涼しげだ。

Photo

上空に風を感じます。

でも、でも、でも、

今日の空は雲もおいそれとは動かない。

Photo_2

見るからに暑そうに見える。

それでも、空を眺めると気持ちいい。

Photo_3

空の青より、雲の白が眩しい。

設定温度28度の冷房がヒンヤリ感じられる。

それくらい暑い!

ベランダに出ると熱気が体に纏わりつくけど、

それでも、外に出て、空を見上げたくなる。

視界に入る唯一の自然だからなのかも。。。

Sa3d0036

花瓶に生けた緑の先端を切り取ってみた。

植物の線は美しい。

Sa3d0033

緑は気持ちが安らぐ。

余白の美しさ。

白い壁紙と緑のコントラスト。

影が作り出す奥行き。


青空の白い雲も

太陽の当たらない影の部分があるから

その白さが眩しく感じられる。



余白は余裕なのかもしれない。。。

全部塗りつぶしてしまわない余裕。



どうするべきか迷う時、

理論や理屈で考えても答えが出ない時、

あれこれ考えれば考える程空回りする時、

総ての思考を捨てて

空っぽのゼロにする勇気が持てない。

原点に立ち戻れば、きっと、

直感だって働くはずなのに・・・



頭の中に余白が無くなってるのかな?

いっぱい、いっぱいになっているのかな?


あれもこれもと

手放せないものが有りすぎるのかなぁ。。。

欲張りすぎてるのかなぁ。。。


きっとそうなんだろう。


空を眺めるのはいいな。

上を向いて遠くを見渡して

もう一度空を見にベランダへ行こう。

きっと、雲も動いているはず(*゚ー゚*)















| | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火)

金属のピカピカの球体

例えて言えば、

人は真円でピカピカの金属の球体で生まれて来て、

小さな傷や大きな傷を

表面に一杯付けながら育ち、

やがてそれが傷だらけになって、、、


傷が傷とわからないくらいに

こなれて来て まぁるくなって

鏡面から艶消しの美しさに変わって行く。




Hさんは人生をそう表現した。

(そのままを再現できてないけど。。。)

先日のホームパーティーの合間に

HさんとNさんと3人でチョッと抜け出して

お喋りした時の事です。

Photo

Kさんから譲って頂いた水晶がある。

永い、永い年月を経て、

あちこちにぶつかって

角が取れて、滑らかで温かみのある水晶。

傷もいっぱい在る。

透きとおったところもあちこちにある。

白くひび割れたところもある。

無傷で透明な結晶ではないからこその味わいがある。

光を受けてキラキラと美しい。

ほんとうに、可愛くてチャーミング。





きっと、私が感じていることと同じだと思う。

表現は違うけれど。。。

この水晶のように・・・・・



「石なのに冷たくない。温もりがあって、きもちいい」

手のひらに乗せてあげると

Nさんは

優しく握りしめてそう言った。

Hさんは

穏やかに微笑んでいた。


素敵な女性たち。

Sa3d0040

デコボコしててもいいじゃない。

光を反射して輝くトコも

影があるから引き立つ。



近づかないと見えないものも

気付かないものも

色々あるけど

でもね、

Sa3d0026

どれも、全部

そのままで 美しいのだと思う。













































| | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日)

屋形船

初めて屋形船に乗った。

夕方からは涼しい風が吹いて

昼間の暑さが嘘のよう。。

Sa3d0710

橋をくぐり、

Sa3d0707

波に揺られ、

Sa3d0708

夕焼けに染まる空を眺め、

Sa3d0711

ディズニーランド近くに船は停泊した。

8時から花火が見えると言う。

が、、、しかし、、、

風が強くて花火は上がらないそうだ(´・ω・`)ショボーン

Sa3d0706

揚げたてのてんぷらは美味しかった。

花火は見られなくても、綺麗な景色で十分。

Sa3d0723

込み合っていた屋形船も帰路につく。



いつだったか

お台場から眺めた無数の屋形船はとても綺麗だった。



体験してみなければわからないコトって

本当に多いんだなぁ。。。

Sa3d0720

かもめが目の前!



船は苦手と思っていたけど、

乗らなければ見えなかった景色。

デッキに立ち、五感で感じた夏の夜。


誘ってくれたユキちゃん、ありがとう。


| | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

ホームパーティー

男性5名、女性7名の合計12名が集まりました。

集合時間は1時~2時、解散は9時位だったかな?

延々とひたすら食べて飲んでお喋りして、

職業様々、年齢も30代~50代まで。

沢山写真を写す予定だったのに、お喋りと食べることに夢中で。。。

北海道出身や所縁の有る人が3人。

北海道の食材毛ガニも写し忘れてしまった。

男性3人が共同で説明書見ながら奮闘してくださったのに…残念(ノ∀`) アチャー

北海道ダイナマイトスイカ

Photo

でっかいです。

Sa3d0698

半分でこのサイズ!!!

Sa3d0689

↑は始まって間もなく。

Sa3d0690

モッツァレラチーズとトマトのゼリー(北海道産)

Sa3d0700

デザートの一部、果物たっぷりのロールケーキ



なんだかんだで、前菜からデザートまで27品

これは過去最高かも(*^ー゚)bグッジョブ!!

ワイン(赤・白・スパークリングワイン数本)

Photo

焼酎(村尾・佐藤・くじら)

Photo_2


ビールは意外と少なかったかな。。。

ソフトドリンクもちょっと。

女性陣はみんなお酒強い(*^-^)


ブロッコリーに

食べるラー油、マヨネーズ、醬油少々でソースを作り

パルミジャーノチーズをのせてオーブンで焼いたのも

ピリ辛で香ばしくて美味しかったです(写真ないけど)


カチョカバロは焼いてクラッカーにのせて。

簡単エビチリもいい感じ。

ベランダのバジルでトマトのブルスケッタ。



手分けしてみんなで

食べながら作りながら飲みながら

空いたお皿やグラスも洗いながら。。。

みんなでお片づけもしてくれたので、とっても楽しちゃいました。

次は来月です。

今度はどんなメンバーになるなかな。。。楽しみ(o^-^o)

| | トラックバック (0)

2010年7月16日 (金)

いろいろあります

今日は本当に暑いです。

雲の無い空の青いグラデェーション

北海道ではスカッと晴れた空には出会えなかったけど、

見慣れた東京の空も捨てがたい。

Photo

キャンバスにして、何かを描いてみるとしたら・・・

白い帆のヨットかな。。。

Photo_2

留守の間に黄色く色づいてました。

合計6個の実。

収穫できるんだろうか・・・?

細い枝なのに、強い風に撓りながらも

ちゃんと実を守ってる。

下に見えるのはマリーゴールド。

日差しが強すぎるのかも。。。

葉が日焼けしてしまった。

これも、ひょろりと伸びているから

強い風に倒れそうな位揺れるのに

植物って、強いなぁと感心する。

Photo_3

逞しいのはローズマリー。

何とも自由奔放に枝を伸ばしている。

強い風をむしろ楽しんでいるかのように見える。

手で枝を撫でると いい香りがあふれ出る。

ほっとする香り。


明日は今月二回目のホームパーティー。

スーパーの氷水の中に居たまるまるとしたイワシを

たっぷりのお酢と生姜・醬油・三温糖で煮た。

甘味が足りなさそうだったから蜂蜜をチョッと足してみた。

これってどうなんだろう。。。

暑さに負けないように?豚の角煮も出来あがった。


後は、明日考えよう。

北海道で仕入れてきたトマトのゼリーとチーズ各種。

帆立てのチップス。

食べるラー油北海道版もある。

冷凍庫のエビはエビチリになるのかな?

それともブロッコリーとコラボかな?

目についた野菜も冷蔵庫で待機中。


メンバーのお腹具合と私の気分次第で

明日の食事メニューはどうなることやら(笑)

なにはともあれ、楽しまなくっちゃ(o^-^o)



| | トラックバック (0)

2010年7月14日 (水)

旭川ラーメン

旭川ラーメンのお勧め店を文学館で聞いて

駅周辺を捜しまわる。

Sa3d0758

ビルとビルの間の路地にある蜂屋

Sa3d0755

何を注文するか迷ってしまう。

隣のテーブルで食べてるおじさんに聞いてみる。

「好みだからね~。でも、私は醬油しか食べない。」

かなりの常連さん風。

Photo_3

鶏と魚のだしと言ったような・・・・気がする。

お腹ぺこぺこであやふやな記憶です。

柔らかいチャーシューはモモかな?

スープが濃厚で個性的なので丁度いい。



公園の屋根付きベンチで

自転車を停めて一休みしている

パート帰りだと言う還暦を迎えたという女性と

30分ほどお喋りをした。

Photo_4

スズランやイチイの木を携帯のカメラで撮っていたら

不思議そうに見ているので

「こんにちは」とあいさつしたら

「さっきから何を写してるの?」

私はとても不思議な人に見えたらしい(笑)


スズランの白い花はもう散りかけている。

緑のまぁるい実がついているのを発見!

「うちにもスズランがあるけど、こんな実は見たことないなぁ・・」


ふたりでスズランの実を見つけては

「あっ、ここにも!」と

大騒ぎw(゚o゚)w

もしかしたら、あまりに普通に見慣れているから

見過ごしてるだけなのかも。。。

きっと、私だって当たり前のように庭に咲いていたら

じっくり見たりしないと思うもの。。。



近づいて見ないと見えないもの

一歩離れないと見えないもの

どっちも、見ようとしなければ見過ごしてしまうんだろうな・・・

そこから、座ってのお喋りタイム。

仕事の人間関係のややこしさやら

三人の息子さんと孫の話等々。

みんな、いろいろあるんですよねぇ。。。


今年は春が遅かったそうです。

庭の紫陽花の花がとても綺麗なのだと

楽しそうに話してくれました。

「このベンチがね、一番気持ちいい風が通るから

お気に入りの場所なの。」

本当に気持ちいい風が通り抜けて行く。


「また、会いたいねぇ」

そう言ってくれたのが嬉しかった。

「近くだから見本林に行きなさい。

三浦綾子記念館もあるし、気持ちのいい場所だから

私も良く行くのよ。」

きっと、出会わなかったら訪れなかった見本林。


旅先の出会いは一番の思い出になるものですね。

名前も知らない同士だけれど、

きっと、ずっと覚えてる。




















| | トラックバック (0)

旭川ふれあい旅3日目-1

札幌から140キロのドライブ

緑の風景の中、点在する赤い屋根が北海道らしい。

新緑を少し過ぎた緑が美しい。


移り変わる風景も高速道路運転中では

チラリ、チラリしか楽しめないけれど、

目の前に広がる景色は北海道ならでは。。。



旭川の見本林の入り口に

三浦綾子記念文学館がある。

Sa3d0741 


























「氷点」の舞台。


脊椎カリエスを患い永い闘病生活を送ったことを知った。


病床で洗礼を受けた事も知った。


生きること


愛すること


許すこと


三浦文学の原点にあるもの。


胸に響く言葉。

Sa3d0740 















小説の一文や写真や原稿などの資料が展示されている。

記念館は見本林の入り口にある。

Photo







あまりに広大で

入り口から土手までほんの僅かを歩いた。

それでも、正に森林浴。

マイナスイオンのシャワーを浴びて

深呼吸しながら空を見上げる。

Photo_2


















時間がなくてゆっくり出来なかったのは残念!

Sa3d0744

| | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

絶対音感みたいに絶対味覚も有り?

絶対音感みたいに絶対味覚も有り?
絶対音感みたいに絶対味覚も有り?
絶対音感みたいに絶対味覚も有り?
絶対音感みたいに絶対味覚も有り?
絶対音感みたいに絶対味覚も有り?
2日目の食は乱高下
(>_<)

どうやら人は、
最初の感動を基準点として評価をするものみたいだ。。。

そして、たやすく慣れる(-.-;)

良い事も悪い事も続かない。

今夜は一軒目はハズレ(;_;)

二軒目当たり(^_^)v

ランチは中当たり。

些細なことの中にも

なる程なぁ〜と思うことは沢山あるものですねぇ。

私は、老子の道『タオ』の第二章が大好きなのですが、

綺麗も汚いも

高いも低いも

良いも悪いも

やっぱり両方必要なんですね。

どっちかだけだと、見失い迷子になる。

比べるものが無ければ、感動や感謝とかは何も生まれないのかもしれない。

取りあえず
美味しかったものだけupしますV(^-^)V

| | トラックバック (0)

小樽の吹きガラスの始まりは

Ml_sa3d0667

小樽では、ガラスの浮きを沢山作っていたそうです。

そこから吹きガラスが発展して、

泡入りガラスや金粉入りや、

彩り豊かなガラス製品の工房が
小樽には沢山あるのだと

宿泊先のホテルの方が教えてくれました。

下調べもなしで(-.-;)、素朴な疑問をそのまま聞くのに、

親切に説明して下さって

思いがけない穴場情報まで聞けたりします。

例えば、

有名な夕張メロンも美味しいけど、

実は、

富良野メロンの方が糖度が高くて

美味しいんですよ〜とか。。。

小樽の老舗の

『北一ガラス』さんは

千歳空港にも店舗があって、

液だれしない『醤油さし』が絶対お勧めです!とか(◎´∀`)ノ

頂いた情報は、あくまで個人的な感想としてですが(笑)

お役立ち情報です。

明日は早めに空港に行かなくっちゃ(^O^)

| | トラックバック (0)

早朝の札幌散歩

Ml_sa3d0701




昨日の雨も上がったとはいえ厚い雲に覆われている。

運良くビルの合間に見えた青空。。。

迷子にならないように(笑)ホテルの周りをゆっくり歩く。

Ml_sa3d0707

レンガ造りにツタが絡まり

赤いポストと緑のコントラストが美しい。

路地の奥に広がる異空間。。。

Ml_sa3d0712

通りの標識も風情があります。

Ml_sa3d0709

僅かな距離でも、方向音痴の私には大冒険V(^-^)V

| | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

札幌駅南口店『炙屋』

札幌駅南口店『炙屋』
札幌駅南口店『炙屋』
札幌駅南口店『炙屋』
札幌駅南口店『炙屋』
@羅臼産真ホッケ

炭火焼きで身はふっくら、サイズもデッカイ!

@烏賊のなんとか焼き(笑)忘れちゃったヾ(´ε`*)ゝ

柔らかくてなかなか美味(^O^)

@ラム肉の串焼き

タレが別に付いてたけど、お刺身用のワサビを乗せてみたら、これが大当たり(^_^)v

ラム肉のクセのある味もやわらぎます。

@小アジの干物が箸置き!

これはインパクトありました。
こういう遊び心は大好きですo(^-^)o

お通しが、なかなかでした。

焼き茄子とオクラと鴨のゴマピーナッツ和え?
彩りも食材の組み合わせ方も気合い入ってます!

店内もゆったりしてて落ち着けます。

今日はお昼も夜も当たり\(^ー^)/

でも、流石に北海道。
寒いよ〜(>_<)

一気に冬です。風も強くて折りたたみ傘は骨が一本ポキリと折れちゃった…

梅雨の無い北海道で

雨に迎えられるのも、

昨日の蒸し暑さも、

今日の寒さも

全部おもしろい(^O^)

| | トラックバック (0)

雨の小樽から


雨の小樽から
雨の小樽から
ガラス工房がたくさん並んでました。

テレビチャンピオンが居たガラス工房に入った。

でも、そのチャンピオンは独立したんだそうです。

有名になったから晚かどうかはノーコメントだって(^。^;)

記念に、個性的な器を購入note

Ml_sa3d0674

小樽は初めてですが、落ち着いた雰囲気のある街です。

古い建物も、新しい建物も、それぞれに味わいがあって、好奇心くすぐられます(笑)

雨の高速道路をのんびり札幌に向かうと…

銭函(ぜにばこ)辺りからは、まるで日本地図の一部を上空から見ているような海沿いの景色!

ポツリポツリと灯り始めた街灯り…

ゆっくり走るからこそ、チラッと見える絶景に感動しちゃう。
雨に煙る景色もいい感じ。

自称晴れ女だけど、たまには雨もいいもんだなぁ…(^_^)v

| | トラックバック (0)

ランチセット 本格インドカレー

ランチセット
チキンと野菜の二種類のカレーと焼きたてナン

左は野菜カレー

隣はチキンカレー

甘いポテトサラダ付き

| | トラックバック (0)

本格的インドカレーNo1

本格的インドカレー

何故か北海道の一食目はカレーです。

テーブルには

各種スパイスがディスプレイされて、

赤とゴールド基調の店内も

なかなかいい雰囲気です。

Sa3d0654

| | トラックバック (0)

千歳は雨

自称、晴れ女のハズだったのに、大雨!

乱気流で飛行機はガタガタ揺れる。

早起き寝不足には、みょ〜に心地良い揺れ具合

珍しく良く寝た。

久々の運転。

ワイパー越しの景色も一興かも

Photo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道 札幌~梅雨脱出です

これから北海道です。

ベランダの鉢を部屋の中に入れたり、

キッチンの生ごみを出したり、

たかだか3日でも、

夏、しかも梅雨時ともなれば

枯れたり、腐ったりが一番困る。

苦手な早起きをして

せっせと準備。


苦手なこと(早起き)と

帰宅時の気持ちよさと

どっちを取るかと問われたら

気持ちいい方が絶対いい。

P6050222













週末はホームパーティー。

せっかくだから、

美味しそうな食材見つけて

宅配手配しなくっちゃ!キョロ(・_・ )( ・_・)キョロ

今が旬て何なんだろう???

調べず行くところが私らしい(笑)



旅は、無計画が面白い。

アウトラインだけで十分。

キッチリ決めてしまうと 面白くない。

後になって、思い出して笑える旅が最高。

記憶に残るような笑える事って、

ドキドキ・ハラハラがあるからです。

でも、基本、強運な私。

きっと、ワクワク面白い旅になりそう(o^-^o)


と、言う訳で、しばし更新はお預けです。


でも、一応携帯からの更新に挑戦してみます。








| | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

心の心棒はシンプルな程太くなる

「揺ぎ無い自分のセンターを持ちなさい」

恩師の言葉を思い出す。

誰かと話したり、

文章にすることで

自分の気持ちを確認出来ることは多い。

解っているようで一番解らないのが自分自身なのか・・・

解らないようで一番解っているのが自分自身なのか・・・

本当の自分てどんな自分なのだろう。。。?





アップル社のCEOスティーブン・ジョブズさんは

すい臓癌に罹り人生観・性格もが変わったと聞く。

生死の淵に立つと、

人は本当に大切なものが何かを知るのかもしれない。

Photo_2

それは、多分、

生まれた瞬間と同様に

「裸の何も持たないシンプルな自分」

に戻るからなのだろうか。。。




見栄もプライドも些細なもので、

思い切って、

捕らわれていた物を手放してみると

なんと弱弱しくも逞しい自分が居ることだろう。


まるで産まれたての赤ん坊のように。。。

Photo_3

生命の源、水は

8の字の螺旋を描きながら流れる事で

再生していくそうです。



∞(無限大)も8に見える。

メビウスの輪も8に見える。

この8の形は特別な形なのかもしれない。

七転び八起き・・・ここにも8がある。

何度転んでも、

起き上がればマル○scissors (*^ー゚)bグッジョブ!!



「反省はすることは有るけど、後悔はしていない!」

そう言った女性が居た。

とてもカッコイイ!と思った。


本当に、反省することは日々いっぱい有る。

でも、全部自分が選択し決めて来たこと。


後悔したくないから

心が着膨れないようにしなきゃね。















| | トラックバック (0)

縁はいなもの味なもの。。。ですねぇ

若い友人2人が「写真5人展」を開いた。


明日が最終日ですが、夕方からクロージング・パーティー。

Photo  













↑は、友人Mちゃんのお母様の作品。


雰囲気があって、深味があって


私は好きです。



さすが、人生経験の差ってものでしょうか。


若い人には若さそのままの率直さ、

迷いや、戸惑いや・・・

一途さや、希望や・・・

様々な一面が作品に切り取られ

写しだされているように感じました。




5人それぞれの個性があって


なるほどなぁ・・・って感じです。

Photo_2










持ち寄った手料理が並び、

あったかい雰囲気で、

それぞれの友人たちが集う中、

私も気分は同年代(笑)

気の向くままに語り合い。。。


人の縁とは不思議なものです。




「はじめまして」 や

「二度目ですよね」 なのに。。。



同じ時間と空間を共有しながら

今、感じている事を

お互いに言葉にし合える。



素直に言葉にすると

自分なりに整理できるものですね。


そうなんだなぁ。。。。と


妙にスッキリ(o^-^o)したような気がします。

また、会いたい。

そう思える出会いがあるって

恵まれてるなぁ・・・私って。

| | トラックバック (0)

2010年7月 9日 (金)

「大丈夫!」はポジティブメーカー

昨日の夜久々に大阪の友人と長話をした。


体調が良くない時は、

どうしても気持ちが後ろ向きになってしまう。

不安ばかりが募ってしまう。

だから、

「考えんとこうと思う」

「良い事だけ考えなあかんて思う」


「どないなんねんやろ。。。とか考えんとこ」

Photo











そうなんだ。。。

そう思わなければ!と思うこと自体が

目一杯頑張っているんですよね。



根っから楽天的だったり、前向きな人なら、

多分、最初っからそんなことさえ

思わないものなんですよね。。。きっと。

179












「良い事だけ考えよう!」と思っている私。


迷ったり、悩んだり、不安になる度に

「考えてもしょうがない!」

「良い事だけ思おう!」

「なるようになるさ!」

そう思う私は楽天家ではない証拠かも?



それでも、「意識すること」は

ちゃんと意味があるのだと思うのです。


自己暗示も役に立つのです。


気持ちを切り替えて

前を向けるのです。



だけど、


不安が不安を呼ぶ!

それが解っていても、不安になる。


そんな時、誰かに自信たっぷりに

「大丈夫よ!」

と言って貰えるだけで

何だか、本当に大丈夫な気がしてくる。


幾つになっても、人は誰だって

傍で誰かに

根拠なんて無くてもいいから(*´v゚*)ゞ

「大丈夫!」

と言ってて欲しいものなんだと思うのです。



「大丈夫?」

は不安になるけど、

「大丈夫!」

勇気や希望をくれる言葉


」 と 「」 では大違い(*^-^)

| | トラックバック (0)

2010年7月 8日 (木)

夏の夕焼け

午後7時を過ぎてもまだ明るい。

5時になると真っ暗だった冬が遠い想い出みたい。。。

Photo












 しばし暑さを忘れて眺めてしまいました。




夏の夕焼けは

どことなく のほほん としてる。。。

























  








| | トラックバック (0)

言うは易し 行うは難し。。。ですねぇ

夏ですねぇ~。。。暑い!!!

Sa3d0633

雲の形も夏仕様









真夏日です。                                                                      

Sa3d0634 






風も暑さに休憩中?


















晴れ渡った真っ青な空もきれいで好きだけど、

青い空に描かれた雲を眺めるのもいいなぁ。。。



あいにく、ベランダからは夕焼け空の変化は

微かにしか楽しめないけど、

たまにタイミング良く西側の外廊下を通る時など

オレンジ色の雲の濃淡の美しさに見惚れてしまう。


たまにだから、余計にそう思えるのでしょうね。

苦もなく見れたら有難みが薄れる(^-^;

Sa3d0636

オリーブの実も



ほんのチョッと


大きくなり、


新芽も

ほらねclub







枝の先の柔らかい若々しい小さな葉が可愛い。



自然はチャンとマイペースで前に進んでいるというのに。。。




私は足踏み状態。

どうも切羽詰まらないと動けない。


取り敢えず後回しにしてる事を

何とかしなくっちゃ!!と思いつつ・・・



限りなく自分に甘い┐(´-`)┌

欠点=長所=短所=?


メビウスの輪みたいなものです。


 誰もみんな凸凹してるんです。


などと、自己弁護してみても


やっぱり、

チョッと立ち止り過ぎてますねぇ。。。


過ぎたるは及ばざるが如し


反省、反省 (*_ _)人
























| | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)

フランスの宝石店に想う。。。

若い友人がフランスに留学していた時に送ってくれた写真です。



マダムらしき女性がウインドゥ越しに見えます。

1_2

アンティークのお店でしょうか。。。












大振りなクロスのペンダント。

処狭しと並べられた商品の数々。

Photo

指輪のケースも雰囲気ありますよね~











右端の指輪のデザインはエドワーディアンっぽいです。

この写真を見て感じる事は

ヨーロッパのジュエリーの歴史の奥深さでしょうか。。。


ゆったりと流れていく時間。

Photo_2

プロバンス地方














職人の技が失われつつあります。

様々な分野で日本の優秀な技術が消えつつあります。

ジュエリーの業界でも、

40代の優秀な技術を持った職人さんたちが

その技術だけでは生活できなくなり

転職を余儀なくされているそうです。



失って初めて気づく大切なもの。




大病をして初めて健康の有難さを知るように

人はどうして

何かを失うまで 

今ある大切なものを見過ごしてしまうのだろう・・・



永遠に続くものなど何もないのに。。。。


当たり前など本当はないのに。。。


無駄な事など何もないのに。。。


だから、時には

立ち止って

当たり前になっている日常が

とても貴重なものだってことを思い出さなきゃね。

Cocolog_oekaki_2010_07_07_17_02












| | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

山形のさくらんぼ佐藤錦Ⅱ~地球ってスゴイ!

山形の佐藤錦を戴いた。

箱に入った贈答用ですw(゚o゚)w

流石に、先日スーパーで買ったものとは大きさも色も味も

まるっきり違いますねぇ。

Sa3d0632

果肉がたっぷり

甘味も品よく

ついつい手が伸びて

やめられない(*´σー`)









思うに、

さくらんぼに係わらず、

食べ物にしても、生活に係わる総てに於いても、

「名称」としては同じでも

そのクオリティはピンキリなんですよねぇ。。。


自然の産物となれば、尚更その年によっても違いがあって当然。


最高と称されるものは、やっぱりそれだけの資質と

美しさと希少性を持っているんでしょうね~。

Round_dia









価値基準というものは、時代や民族、その他諸々と共に変化するものですが、



どんな時代であろうと、どんな人であろうと

変わらず「きれい」「美しい」と感じるものはどんなものなのかなぁ・・・・



夕焼け

青空

満天の星

色とりどりの花

湖、川、海

緑の森

自然の景色しか浮かんでこない。。。ん?

Photo

しかもΣ( ゜Д゜)ハッ!

どれも留まっていないものだ!!!

同じようでいて同じじゃないんだわ Σ( ゜Д゜)ハッ!


と、いうことは。。。


夕焼けを見て涙するほど感動する時の 「こころ」

満天の星空に時の経つのも忘れて見惚れる 「こころ」


そうなんだ

美しいと感じるのはその瞬間の自分自身の「こころ」なのかもflair



美しさを与えてくれるものは

地球という星なんだeye




人間も地球の一部なんですよね。。。

地球の表面で一時 チョコッとお世話になってる・・・私も。


宇宙から地球全体を見ながら、「ありがとう」って言ってみたいなぁ。。。


きっと、宇宙から見た地球って

神秘的で美しいんだろうなぁ。。。。見たい!!


















| | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

大笑い! 中笑い! 小笑い&苦笑付き?

日曜日は、

テーブルマジックの『ダーク広和さん』を招いての11名のパーティーでした。

目の前で繰り広げられる妙技の数々に

感嘆と拍手の大盛況でした。


トランプ、ロープ、コインを使ったもの・・・

種も仕掛けも有るとわかっていても

不思議で、

「えっ!!」 「どうして?」 「わぁ~スゴイ!」の連発 w(゚o゚)w 



新作から古典的なものまでのマジックの数々、

マジックの歴史的な背景も交えての広和さんのお話や

修行時代のお話など、どれも興味深く

常に向上心を持って仕事に対する想いというものに

集まった皆が其々の立場で

「大切な何か」を持ち寄り持ち帰ったように感じます。



温かい人柄の紳士「博ちゃん」から頂いた鉢

Sa3d0627

大好きな色 紫のランをいただきました。























20代の素直な目をしたイケメン君たちから頂いた可愛いブーケ

                                                                                                         

Sa3d0628  

黄色は周りを明るくする色


オレンジも黄色も夏を感じる色



女性はお花をプレゼントされるのが大好きnotesなんですよ~wink





部屋にグリーンや花があると

心落ち着きます。


パーティー用に家具大移動してましたが、

定位置に収まると落ち着きます。

Sa3d0625

この壁際の一角は

部屋の中で一番季節感のある場所。




















といっても、切り花は多分 季節をちょっと先取りしているのでしょうけど

毎回お花屋さんで、花の色の組み合わせを考えながら選ぶのは

楽しいものです。

Sa3d0629







名前を聞き忘れた

一見 雑草風?





















涼しげな立ち姿。

直線の茎とシャープな葉と先端の曲線と・・・

緑の濃淡と余白がつくりだす雰囲気が好き(*^-^)



笑いが絶えない会食は ついつい食べ過ぎてしまいますぅ~ ┐(´-`)┌


初めて顔を合わせる同士も

いつの間にやら一つの雰囲気にまとまって

食べて、飲んで、お喋りして、よく笑い。。。



岡田ジャパンのチームワークにも負けて無かったかも(笑)







| | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

苦し紛れに。。。

手元にあるもので何とかしようとすると、

アイデアというものは、意外と浮かんでくるもののようです。

あれこれ考える事はとても面白い。


四苦八苦して、浮かんでくる

閃く瞬間というのが

実に楽しい flair



例えば、お料理にしても

冷蔵庫の在庫、冷凍室にあるもの

戸棚の奥も引っかき回して

乾物から缶詰、調味料に至るまで、

これで 果たして 何が作れるのか???



限られた材料だからこそ

面白い組み合わせを試してみる。

試してみるしか無いと言うべきか。。。


もっとも普段から

献立を立ててから買い物をするということが苦手なので、

取り敢えず何とかなりそうな物で 目に付いたもの

しかも、重くならないように ┐(´д`)┌ヤレヤレ 

が第一の買い方だから

必然的に、思いつくまま、面白がって作ってしまう。


不思議なもので、時間が無い時とか、

材料が限られている時のほうが

品数も豊富になるのはどういうことなんだろう。。。



今日も、工作めいた事をしていた。

あっという間に時間が過ぎる。

夢中になってしまう。


結果的にはビミョ~(笑)

強度不足でボツ (´・ω・`)ショボーン


だけど、もうメチャメチャ楽しかった ( ̄ー ̄)ニヤリ

私は やっぱり

何か新しい事を考えている時が好きみたいです。




| | トラックバック (0)

2010年7月 2日 (金)

岡田ジャパンと東京スカイツリー

先日近くを通った時に 思ったのですが、

こんなに大きく高いのに、意外と近くでその姿を見れる場所は少ないのですね。

Photo_2 

視界が遮られない


高い場所からなら


見えるのだと思うのですが、



近くだから見えるって訳じゃないことに


改めて気が付いたのです。






下から見上げると 空に向かってそびえてる!!!って実感します。

毎日、部屋から見ているのとは迫力が違います。

完成までの様子を遠目からでも見る事が出来るって

とても貴重な経験をしているのですねぇ。。。。。




クッキリと近くに感じられる日

遠く霞んでシルエットだけが見える日

雨でその姿がほとんど見えない日

時にはクレーンで吊り上げられる鉄骨の長い棒が見えたりする日




窓に広がる風景の中で、唯一変化のあるスカイツリー

毎日の変化はわからない位小さいけれど

着実に高くなって行ってる。

Photo_3

愛用している

皮のトレイ



ポーチ

ボーチは使いこんでいい感じの風合いになってきました。

こうして改めて見ると

新品だった時の色が思い浮かばない。。。

ずっと こんな感じだったような気がする。



きっと、スカイツリーも完成して見慣れてくると

今の建設途中の記憶も薄れていくのかな。。。



日々 更新されていく記憶

薄れていく記憶もあれば

より鮮やかに「宝箱」に入っていく記憶もある。



想い出して笑えるような記憶でいっぱいにしたいな。

「笑うこと」 「笑顔」って いいな。



南アフリカから帰国した岡田ジャパンの会見を観た。

「笑いあえる」ことって

とても大きなパワーを生むもので、

周りも自分もしあわせにするものなんですね。




笑顔はみんな美しい。

美しいものには笑顔にするパワーがある。



スカイツリーが完成した時、

そこに係わった人たちの笑顔は最高に輝くのだろうなぁ。。。



高く大きな壁を乗り越えて来た人の笑顔は

ほんとうに、ほんと~に 温かくて美しくて いい笑顔ですねぇ。







| | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

山形の佐藤錦

さくらんぼは、ふたつ仲良くくっついているのが可愛らしい。

Photo_3 さくらんぼの絵を描くと



必ずこういう形を描いてしまう。



ひとつだけだと

さくらんぼも

居心地悪そうに見える。








そう言えば、実家にさくらんぼの小さな木があった。

今もあるのかな?

5月に帰った時には意識していなかったから、聞いてみよう。

実家のさくらんぼは小さい実が沢山つくけど、

ほとんどが鳥に食べられるのだと言っていた。

わずかに残ったさくらんぼは、

小さくて食べるのが勿体ないくらい可愛らしかった。

佐藤錦のように肉厚でもないし大きくもない。

種のほうが威張ってるさくらんぼだったけど

鮮やかな赤い色とその小ささが可愛らしかった。




実の成る木といえば、小さい頃庭の片隅に

立派なすももの木が2本あった。

白い花が沢山咲いてきれいだった。

夏にはセミが賑やかに鳴いていた。

青い実が段々赤く色づいて食べ頃になるのが待ち遠しかったっけ。。。



小さい頃は当たり前すぎて気付かなかった

新緑から花が咲き実が成る季節の移ろい。。。





今は、ベランダのオリーブの幼い木に

新鮮な感動を覚えてるのが

なんだか感慨深い。


きっと、無意識に見過ごして来たものって

たくさんあるんだろうなぁ。。。








| | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »