« 哀しさと寂しさと | トップページ | 初心忘れるべからず »

2010年8月 8日 (日)

赤い糸

運命の人と出会うと

穏やかな優しい気持ちで居られるのだなぁと

婚約した2人と話していて思った。

しあわせな2人と居ると

傍にいる人もしあわせな気持ちになれる。

それは、

お互いを大切に思いやる優しさが

2人の周りに溢れているからなのだろう。


出会うタイミングがいつなのかは

人それぞれなのだと思うけれど、

やっぱり、出会うために必要な時間を過ごして来たから

出会うことが出来るのだろうなぁ・・・

「あぁ、この人なんだ!」

お互いにそう感じるのかもしれない。

0056



結局のところ、

最初に感じた直感というものを

自分自身が何処まで信じられるかって大事なのだと思う。


「信じる」とか「信頼する」とかって

「相手を信じた自分自身を信じる」ことなのだと思う。


相手の言葉や行動を「信じる」と

その言葉や行動の奥に潜む真実が

時には見えないことがあるのではないかと思う。

とかく人は自分に都合のいい相手の言葉や行動を期待する。

望むような言葉や行動でなかったら、

裏切られたように感じるものなのだと思う。


最初に感じた「感覚」や「直感」が

一番確かなものなのかも。。。。


それは、目に見えない心で感じたモノだから、

「直感」や「感覚」は原点なのだと思うのです。

迷ったり、揺れ動いたりしたら、

その「原点」に戻ってみると

案外答えはシンプルなもののように思う。


デザインも同じなのかな・・・

最初に閃いた「直感的な感覚」に

アチコチ回り道しても「ピンと来ない」時

やっぱり「原点」に戻って来る。


ただ、納得する為に回り道が必要な時もあるんですよねぇ・・・

「これしかない!」と納得する為に(笑)

|

« 哀しさと寂しさと | トップページ | 初心忘れるべからず »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事