« スカイレストラン634 | トップページ | 結婚指輪 »

2012年6月18日 (月)

いよいよ釉薬そして2個目

素焼きが終わった抹茶茶碗

いよいよ問題の釉薬です。

渋い色にしようかと思ったのですが

先生の見本にブルーと白が混ざった優しい色味のお皿があったので

それに近いものにしようと決めた。

釉薬はルリと吉野

紺色の上に白をかけて

混ざったところは水色になるはずなんだけど、、、、

Pap_0419

ルリを全体にかけた後

吉野を流しかけして

さらに筆で弾くようにのせていく。

ちょっと芸術的?

Pap_0418

ブルーと白のコントラストがどう出るのか。。。。

本焼きで一回り小さくなるので

そこもちょっと心配。


で、二作目は少し大きめに作る

Pap_0417

綺麗に円になったので

このまま変形しないで乾いてくれるといいのですが・・・

一作目の焼き上がりを確認したら

釉薬を慎重に選ぶつもりです。



陶芸は本当に奥が深い。

きっと年に一つ思った以上にいい出来!

そんな感じかも。

Sh3l0316

5月の作品展のお皿がそれだったから

ついつい期待が大きくなってしまうけど

思い通りには焼きあがらないから

次々に作りたくなるのでしょうね。

|

« スカイレストラン634 | トップページ | 結婚指輪 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560373/55009339

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ釉薬そして2個目:

« スカイレストラン634 | トップページ | 結婚指輪 »