« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月25日 (月)

花と共に写してみました

Sh3l0430

ナチュラルトルコ石の指輪です。

水色の地球と月に見立てたダイヤ。

軌道がそのまま腕になっています。

着ける角度を変えると

指と指の間にトルコ石がきます。

直径14ミリのナチュラルトルコは希少です。

この優しい色合いが癒されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月24日 (日)

女子会

5名でおうち女子会。

Sh3l0422

今回は生ハムにクリームチーズとマンゴーを巻いてみた。

ところが、甘いはずのマンゴー!

何故か酸味が強い??

イメージしてた味にならなくてガッカリ。

フレッシュコーンとツナのサラダ。

海老とアボカドとトマトの定番サラダ。

茗荷のマリネはFちゃんが作ってくれた。

お肉は鶏モモ肉の香草焼き。

白身魚のこれも香草たっぷりで焼いた。

Sh3l0424

Kちゃんが作ってくれた海老とセロリのレモンが利いた中華炒め。

あっさり美味しかったですよ。

A子ちゃんはわざわざ愛用の無水鍋持参でラザニアを作ってくれました。

写真を写す間もなく熱々をいただきました。

お取り寄せの「倉敷餃子@レンコンと定番」は

うっかり忘れそうになって

もう、みんなお腹一杯状態で思い出したので、

お味見程度に

ちょっとだけ焼いて

沢山残ってしまって翌日の我が家の夕食になりました。

女子会ならではなのがデザート。

アーモンドのクッキーは焼きたて。

ミニケーキ3種にマカロンに可愛らしい焼き菓子。


摂取カロリー?

今日はそれは忘れましょ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月23日 (土)

結婚指輪

Photo

これは私の指輪。

半円状にダイヤ。


0.05ctの全反射のダイヤモンドが7ピース

で、合計0.38ct



馬蹄形と間違えられるのですが

あくまでも「半円」なんです。


この半円、何と合わせても個性的になる(笑)

小さめのシンプルな一粒石のリングと合わせたら

ぐっと華やかに変身。


脇役にも主役にもなれる。



女性の人生って

主役になったり脇役に徹したり・・・

その繰り返しのような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月18日 (月)

いよいよ釉薬そして2個目

素焼きが終わった抹茶茶碗

いよいよ問題の釉薬です。

渋い色にしようかと思ったのですが

先生の見本にブルーと白が混ざった優しい色味のお皿があったので

それに近いものにしようと決めた。

釉薬はルリと吉野

紺色の上に白をかけて

混ざったところは水色になるはずなんだけど、、、、

Pap_0419

ルリを全体にかけた後

吉野を流しかけして

さらに筆で弾くようにのせていく。

ちょっと芸術的?

Pap_0418

ブルーと白のコントラストがどう出るのか。。。。

本焼きで一回り小さくなるので

そこもちょっと心配。


で、二作目は少し大きめに作る

Pap_0417

綺麗に円になったので

このまま変形しないで乾いてくれるといいのですが・・・

一作目の焼き上がりを確認したら

釉薬を慎重に選ぶつもりです。



陶芸は本当に奥が深い。

きっと年に一つ思った以上にいい出来!

そんな感じかも。

Sh3l0316

5月の作品展のお皿がそれだったから

ついつい期待が大きくなってしまうけど

思い通りには焼きあがらないから

次々に作りたくなるのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月13日 (水)

スカイレストラン634

Sh3l0397

鰹はすだちと岩塩でいただきます

Sh3l0398

左手前は黒米に平目、中にはそら豆が。。

Sh3l0399

魚料理

Sh3l0400

鴨胸肉・・・美味

Sh3l0401

デザートは空と雲をイメージ・・・

予報では曇りのち雨でしたが

お天気になってほっとしました。

Sh3l0404

第一展望台のガラスをお掃除している場面に遭遇。

考えただけで・・・怖い。

Sh3l0405

Sh3l0406

Sh3l0407


あまりに高くて逆に恐怖感は感じません。

Sh3l0408

Sh3l0411

エレベターは春の桜

母が喜んでくれてお天気で遠くまで景色が見えたことで満足。


| | トラックバック (0)

2012年6月11日 (月)

予想外

時間をかけて作ったポットが焼きあがった。

イメージとは随分違ってしまった。

釉薬の選び方は難しい。

Sh3l0393

Sh3l0345

釉薬をかけ過ぎと感じてたのに

意外な感じ。



形はいいのにね。。。@夫


でも、作った私ががっかりしてちゃ、ポットがかわいそう。

それに、持った感じも使い心地もなかなかいいし

見慣れてきたらそれなりに愛嬌がある。。。気がする。

| | トラックバック (0)

2012年6月 4日 (月)

新たな挑戦

抹茶茶碗を作る

これはプレゼント用です。

Sh3l0390

釉薬をかけた時に変化が出るように

Sh3l0392

彫って凹凸を付けてみました。

素焼きが出来たら問題の釉薬です。

どんな色にしようかと先生の見本を眺めて迷っています。

釉薬の色と濃さと土、電気の炉かガスかで

焼き上がりは随分違ってくるのです。

でも、まだまだどう組み合わせたらどうなるのか

知識も経験も足りなさ過ぎて

焼きあがるまで期待と不安で一杯。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »