文化・芸術

2012年6月18日 (月)

いよいよ釉薬そして2個目

素焼きが終わった抹茶茶碗

いよいよ問題の釉薬です。

渋い色にしようかと思ったのですが

先生の見本にブルーと白が混ざった優しい色味のお皿があったので

それに近いものにしようと決めた。

釉薬はルリと吉野

紺色の上に白をかけて

混ざったところは水色になるはずなんだけど、、、、

Pap_0419

ルリを全体にかけた後

吉野を流しかけして

さらに筆で弾くようにのせていく。

ちょっと芸術的?

Pap_0418

ブルーと白のコントラストがどう出るのか。。。。

本焼きで一回り小さくなるので

そこもちょっと心配。


で、二作目は少し大きめに作る

Pap_0417

綺麗に円になったので

このまま変形しないで乾いてくれるといいのですが・・・

一作目の焼き上がりを確認したら

釉薬を慎重に選ぶつもりです。



陶芸は本当に奥が深い。

きっと年に一つ思った以上にいい出来!

そんな感じかも。

Sh3l0316

5月の作品展のお皿がそれだったから

ついつい期待が大きくなってしまうけど

思い通りには焼きあがらないから

次々に作りたくなるのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 4日 (月)

新たな挑戦

抹茶茶碗を作る

これはプレゼント用です。

Sh3l0390

釉薬をかけた時に変化が出るように

Sh3l0392

彫って凹凸を付けてみました。

素焼きが出来たら問題の釉薬です。

どんな色にしようかと先生の見本を眺めて迷っています。

釉薬の色と濃さと土、電気の炉かガスかで

焼き上がりは随分違ってくるのです。

でも、まだまだどう組み合わせたらどうなるのか

知識も経験も足りなさ過ぎて

焼きあがるまで期待と不安で一杯。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 9日 (水)

無暴な挑戦?

Sh3l0315

先日の陶芸教室の作品展のときに

お茶を入れてくださってたポット

素敵だったので、

今回はコレを作りたいです!

と言ったら、

いいですよとすんなりOK


ところが、

いざ作り始めたら難しい!!


先生、難しいですねぇ・・・



これは上級者向けですからねぇ・・

えっ!?

作る前に言ってください。

でも、作りたいものを作るのが一番ですから(笑)

Sh3l0313

2時間半かけて やっとここまで。


陶芸始めて半年。

こんなに時間かけて作るのは初めてです。

でも、きっと

完成したら今までで一番うれしいかも。

| | トラックバック (0)

2011年12月 7日 (水)

初めての作品完成&3作目

3

教室に行くと

完成してました。

感激!!

1

素焼きの時よりもまた一回り小さくなってます。

「意外と小ぶり?」


でも、嬉しい。



今日は干支の辰を作る。

Photo

完成するとこうなる。

Photo_2

細長い棒状の胴体

ちょっと小さい棒を大小で2本づつ

これが雲になる。

胴体をくねくねと曲げて、

雲もくるくると丸めて胴体の左右に「どべ」で貼り付ける。

Photo_6

このドロドロ粘土が「どべ」で、接着剤になるそうです。


次に小さな棒を2本・・・これが角。

小さな丸を2個貼って、楊枝でアナを開けて目。

だんだん辰に近づいてきます。

星を角の下に張って、

胴体に鱗に見えるらしい線を入れて

鼻の穴を楊枝で開けて

1_2

あっという間に完成。

先生の見本とは随分違うけど

それも個性と割り切って

2個目は手順もわかって早い。

少しだけ粘土が余ったので

チビちゃんの辰を作っちゃいました。

一つは丸い玉をくっつけて(笑)
辰の親子の完成。

Photo_3

辰を作るのに使った道具

Photo_4

まだ一時間残ってます。

粘土を板状に延ばして

円の型紙に沿って切り取り、

淵を立ち上げて

等分に波打たせて

小さなお皿が4枚。

1_3

型紙のサイズは同じなのに

出来上がりは???

Photo_5

何はともあれ

陶芸って楽しい。

教室の先輩生徒さんは私の母くらいの年齢。

そしてみなさんとっても褒め上手。

手早いといっては褒め、

初めてじゃなかなかこうは出来ないのよ、すごい、すごい!

ひたすら褒めてくださる。


褒められるの大好き。

お世辞とわかってても褒められるといい気分になる。

そうなんだ・・・


大人になると、褒められることってなかなか無い。

大人も子供も関係ない。

褒められたらやる気も大倍増。

| | トラックバック (0)

2011年11月21日 (月)

陶芸

本日3回目

素焼きしたものに釉薬を塗る。

釉薬は吉野

焼きあがったら白っぽい地肌になる予定。

A

B

素焼き後は軽いし、一回り小さくなって。

横に付けた模様もいい感じ(笑)

時間がたっぷり残ったので

次の作品作り。


ティーカップを作る。

手回しのどくろにねんどをのせて

少しづつ、少しづつ・・・・

厚みを均等に。

出来るだけ薄めに。

先生が向かい側で同じようにやってくださる。

中心を取るのが難しい。

焼いたら小さくなるので

大丈夫、大丈夫。

ん?

ちょっと大きすぎたかな?

Photo


予定変更。

最初から上手くはいかないよね。

カフェオレボールにしよう。

前回作っておいたはんこを押して

Photo_3

Photo_2


なんだか陶芸作家気分


陶芸の先生も

教室の先輩のお姉さまも

本当に褒め上手

「初めてにしてはなかなかよ!」


いくつになっても

褒められるのって嬉しいものです。

楽しい教室です。

| | トラックバック (0)

2010年7月22日 (木)

オーケストラ・ナデージダ第4回演奏会

知人の指揮者 渡辺 新 さんが

9月4日(土)18:30開演で狛江エコルマホールにて

オーボエのユーリー・イリンさん

ピアノの丹 千尋さんを迎えて

「ロシア・北欧の協奏曲&交響曲」を指揮します。


オーケストラ・ナデージダWABサイト

http://www.ac.auone-net.jp/~nadezhda/

詳しくは上記ホームページをご覧くださいね。

Pap_0014

Photo

前回の演奏会には行けなかったので

9月4日は伺いますね~。



友達(カットの達人美容師)と久々に

「梅の花」で湯葉をいただきました。

お喋りに夢中で

せっかくの引き上げ湯葉の写真も

写せなかった(ノ∀`) アチャー

唯一思い出して写したのが

デザートの「ふまんじゅう」

Pap_0007

中は抹茶味でした。

ブログ初心者だなぁ・・・と言われちゃった(笑)

それだけ楽しかったってことです。

湯葉三昧したので、

しばらくは湯葉お休みしてもいいかな(笑)

| | トラックバック (0)