日記・コラム・つぶやき

2015年1月14日 (水)

ストーンカメオのブローチ

Img_7099


Dsc_0003


ダイヤを贅沢に使用したカメオのブローチ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月25日 (火)

ムンシュタイナー

P9210005

306.27ctのモルガナイト

もうどうしまよ~ってくらい

大きくて

美しくて

角度を変えると石の中で光と色彩が踊るのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月23日 (木)

富山城端織館

城端で機織体験

Caskcxri

織館のスタッフが最後の仕上げの細い絹糸を織り込んでくれているところ

Ca72mg3y

体験では横糸を通してコースターを織る

色とりどりの横糸が用意されてて

私が選んだのは緑色の絹糸

Cazj2hc9

最後に鋏を入れて切り離して完成。

ここまで30分。

TVで見知ってる機織のリズミカルな音など出ません。

「あれは相当上手な職人さんじゃなきゃ無理ですよー」

やっぱりね。

織館ではショップもあり、手織りのスカーフやバッグや小物類も

豊富に揃っています。

因みに

「城端」は「城鼻」だったそうで織物で有名になってから

鼻→端になったそうですが、何故そう変わったのかは聞き忘れてしまいました。

スタッフ曰く

「機械織と手織りを見分けるには

縦糸を見るんですよ

縦糸が同じ均一な糸だと機械で織れるんだけど

糸のよりの強弱や太さの違いがあると

人の手で微調整しながら縦糸を張らないと出来ないので

手織りだとわかるんです。」

そして、キッチリ硬く締めた織りよりも

柔らかくふんわりと織る方が難しいことも教えてくれました。

「職人さんは精神統一に心を配るのです。

心の乱れが織りに出ますから」

つまり、いろんな色や太さの違う糸を使うものよりも

単一な糸、色、細い糸のものほど

織りむらが出るので難しいのだそうです。

なるほど、なるほど。。。

単純な色や形の方が誤魔化しがきかないっていうのは

すごくわかります。

ジュエリーも陶芸も

単純な形が一番難しいですもん。

自分で織った緑のコースター

愛着わきます。

記念に手織りのシルクのスカーフを購入しました。

柔らかくて軽くて肌触りがとても気持ちが良くて

これから活躍してくれそうです。

| | トラックバック (0)

2012年8月20日 (月)

富山といえば白海老

3度目の富山

この時期富山に行ったからには食べずに帰れません。

ANAクラウンプラザホテル富山から徒歩10分

お魚料理専門店で白海老のお刺身とから揚げをいただきました。

甘くてとろりとした粘りがあり脇に添えた針生姜が合います。

から揚げは白海老の香りとサクサクした香ばしさがビールに合います。

Cazwxf09

+5000円でアップグレードしてもらったエグゼクティブツインは

16階にあり、富山市内の夜景が眼下に広がり

最高のロケーションでした。

ここは二度目の宿泊ですが落ち着ける好きなホテルの一つです。

| | トラックバック (0)

2012年8月17日 (金)

岩手から秋田へ

Sh3l0471

とある文化センターの入り口に展示してあった。

Sh3l0472

昔昔の大木が化石になったもの

東北は涼しい

麻の長袖ジャケットで丁度いい。

Sh3l0478

北上市で夕食に入ったイタリアンレストラン

昨年7月オープンの若いご夫婦が営む感じのいいレストラン

[mangia mangia]

イタリアンなのに何故か?マーボ豆腐があったり

Sh3l0479

タイのビール「シンハー」があったり・・・

聞けばご夫婦共にタイ大好きなんだとか

Sh3l0480

なんと!!

こはだとリンゴの前菜

意外な取り合わせなのにとっても美味

Sh3l0481

カプレーゼと生ハム

串に刺したカプレーゼも遊び心満載

Sh3l0482
マーボ豆腐は本格派

山椒が効いてます

Sh3l0483
ハチノスのオーブン焼き

チーズのコンガリ具合とトマトソースが相性抜群です

Sh3l0484

ゴルゴンゾーラのペンネ

どれも美味しかった。

こじんまりした店内とイケメンのマスターとチャーミングな奥さん

居心地のいいあったかい雰囲気と

手を掛けて丁寧に料理された一皿

また行きたいお店。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月13日 (月)

陶芸 楽しい

Sh3l0465

Sh3l0466
大皿と抹茶茶碗

Sh3l0463
マグカップと水差し

Sh3l0462

3個めの抹茶茶碗

どんな焼き上がりになることやら。。。

| | トラックバック (0)

2012年8月 8日 (水)

夏野菜 極めてみる?

オクラ、トマト、なす、パプリカなどなど

沢山の夏野菜が届いた。

真っ赤に熟したトマトの甘味は格別。

瑞々しいオクラは刻んで、茗荷のスライスと共に

トマトのサラダにトッピング。

ジャガイモとたまねぎも沢山いただいたので

我が家は連日 「野菜生活」・・・・と言ってもジュースじゃありません(笑)念のため。

丸ごと玉ねぎをレンジで4分チンすると

柔らかく甘くなってポン酢マヨに削り鰹節で食べると 美味しい。

ポテトサラダにポテトグラタン

マーボ茄子はちょっと辛めに作って汗をかきながら。。。

夏野菜のラタトゥィユもたっぷり作り置き。

出来立ても、冷たく冷やしてもどっちも美味しい。

ブイヨンとカレー粉を足して夏野菜のカレースープも美味です。

野菜づくしもそろそろネタ切れしそう・・・

夫は野菜好きなので

同じ食材でどこまで極められるかやってみたら?

などと気楽におっしゃいますが・・・

私、極めなくても一向に構いません

が、面白さも感じてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月31日 (火)

グラットシエル

春日通り沿いのビルにあるイタリアン

落ち着いた雰囲気でとっても美味しくて

大正解!

ドンキのビルの最上階

テラス席もありました。

イカスミとトマトのリゾット2種類のライスコロッケ

カプレーゼ、パスタ、

鮮魚のカルパッチョは柚子胡椒で

あと何食べたっけ、、、


鮮魚のグリルも美味

ティラミスとマロンのジェラート

お料理もサービスもレベル高い

今度はランチで行ってみよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月23日 (月)

コバルトと瑠璃

素焼きが終わった茶碗と大皿

白土の茶碗にコバルトで水玉模様を描いて

上から瑠璃をかけた。

Sh3l0451

瑠璃がかかってるので水玉は見えません。

白土なのでコバルト・ブルーが綺麗に出る・・・はず。

大皿は黒土なので鮮やかなブルーは望めないけど

シックな色合いになる・・・はず。

Sh3l0452

こっちには

大きな大きな丸を数個だけ描いた。

中にも外にも大きな丸。

瑠璃のグリーンの中にブルー

この組み合わせ土の違いでどうでるのでしょうか・・・

焼くのはガスの釜です。

釉薬をかける時は、

色見本の色を想像しながら

焼き上がりをイメージしながらなのですが

ほぼ100%焼きあがるとイメージとは違ってしまう。

がっかりすることのほうが多いけど

想像以上に面白い効果が出たりするから

陶芸って面白いんです。

それに、

自分で作ったお皿は使って楽しい。


| | トラックバック (0)

2012年7月 9日 (月)

手作りの佃煮

Ca1cjlx1

佃煮セットをいただいた。

中身をボールに移してタレを混ぜるだけで完成

Cayn4qp4

簡単すぎるくらい簡単に出来る。

無添加なのだそう。

しばらく味を馴染ませたほうが美味しくなる。

作り立てをお味見した。

とても美味しい。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧