映画・テレビ

2010年6月14日 (月)

Mother~特攻の母 島濱トメ物語~

先月末、銀河劇場で観た舞台。

もう二週間過ぎると言うのに、ふと思い出す。

戦後65年。

戦争の話を子供の頃、祖母からチラリと聞いたような

微かな記憶がある程度で・・・m(_ _)m

それは、身内に戦争で亡くなった人が居ないという事が大きいのだと思う。

知人のIさんは、新聞社の記者として銃撃戦を体験した人。

たまたまシスターから頂いた十字架を

胸のポケットに入れていたお陰で命拾いをしたけれど、

一緒に居たカメラマンの方は銃弾に倒れたそうです。

今尚、世界のどこかで戦争で亡くなる日本人も居るのだということ

その事実も忘れてはならないのだと思う。

Motherを観て感じたことは一言では表現できない。

ただ、多くの人に観て欲しいと心から思う。

この舞台から感じ取ることは人それぞれだと思うけど、

「生きる」ということ

「生きている」ということ

それが当たり前ではないことを実感出来る舞台だと思う。

過酷な環境の中で揺らぐことなく

慈愛に満ちた優しく温かい心で生きた島濱トメさん。

エメラルドのような人

なんだか今日はエメラルドの日ですね~Photo_3

Sa3d0557

主演の大林素子さんから頂きました。

マイ箸持参します。

ありがとうございました(._.)アリガト

| | トラックバック (0)