趣味

2011年12月13日 (火)

難しさを知る?

陶芸教室5回目

Miruku

前回のティーカップの予定だったどう見ても小さなボウル

素焼きが終わって釉薬を決める。

釉薬の焼き上がり見本は

電気炉とガス炉で色味が違う。

今回は白土を使ってるので、

何色にしようかなぁ・・・

「先生、内側と外側の色を変えられますか?」

「出来ますよ。」

では、では・・・

内側は青白磁で外側はルリ釉にしちゃおう。

釉薬の入った容器をかき混ぜて指に色が着くまで良く混ぜる。

おたまで2杯入れて、ぐるぐる回して内側全体に釉薬をなじませて

一気に容器にうつす。

次は、青白磁に静かにぎりぎりまで漬ける。

馴染ませ残った部分は筆でトントンと乗せていく。

外側に濃淡を付けるために筆でトントンと模様をつける。


何を始めたのかと先生が立ち止まる。


焼きあがったらどうなっているのだろう・・・


この陶芸教室の先生は

本当に自由にやらせてくださって、実に私向き。

初心者の暴走も面白がってにこにこ笑ってみてる。

Photo

時間はたっぷり。

手回しのどくろで丸いお皿を作った。

中心を取るのが難しい。

同じ厚みにするのも難しい。

2

出来あがってよくみると、

淵に線が入ってる。

でも、なかなかの出来かもと自己満足。

調子にのって二つ目。

薄くしすぎてふにゃっふにゃ。

ならばと変形させたらもっと薄くなって

もうお手上げ。

すかさず先生に助けを求める。

さすが先生。

「ちょっと薄くなりすぎましたねぇ。まだ粘土が柔らかいから大丈夫!」

ドクロをまわしながらふにゃふにゃになったギャザーを

寄せながら下に下に下ろしていくと厚みが復活。

それでも足りないところに粘土を足して

「いくらでも修正がききますからね。」


優しいなぁ、先生。

今度は慎重に、

一つ目は30分かからずに出来たのに

そうそううまくはいかない。

最初がうまくいきすぎ。


先生、私、褒められて伸びる子ですけど、

褒めすぎると糸の切れた凧ですよ~~。。。

1

悪戦苦闘1時間!!!

まん丸には出来なかったので

変形させて・・・予定は未定っていうもんね。

サイドに模様を付けてなんとか完成。



次回は高台を削る。

Photo_2

来週は干支の竜が素焼きが終わってる予定なので

竜の色を付けて???

今年は次回が最後の教室のはず、完成は来年なのかな???

ちょっと残念。

お正月に飾れそうに無い。


因みに、初めての作品2点は毎日使ってます。

使用頻度NO.1です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 7日 (月)

初めての陶芸教室

近所の陶芸教室に行った。


10時から12時半までの2時間半。

手回しのドクロを使いながら、

先生が丁寧に教えてくださる。

3

作りたいのはこんな感じ


出来上がりは

1_2

少し変形させて

Photo


↑これは先生の作ったもの。

流石!!

余った時間でもう一つ

小さいサイズでドレッシングを入れられる深めのもの

2

こっちは思いっきり変形バージョン(笑)

来週は釉薬を塗って仕上げの予定。

一度に2個も作れてしまった。

このペースで出来上がったら

仕舞い場所の心配をしてしまう・・・


でも、でも、


自分の作ったもので食事するのって

ワクワクします。


楽しみだなぁ。





| | トラックバック (0)